YouTube、レーベルとの契約更新を完了し 有料サービスを間もなく提供へ

 米Googleは、傘下のYouTubeに有料サービスを導入する可能性が確実的となってきている様です。

「YouTube」レーベルとの契約更新を完了、有料サービスを準備

 米国Financial Timesでは、YouTubeが著作権や利益分配率などに関するインディーズレーベルとの契約更新を完了し、数週間中に有料サービスの提供を開始すると報じている。

これらは計画に詳しい筋から手に入れた情報だと報告し、既に有料サービスを契約するインディーズレーベルと、契約しない一部のインディーズレーベルとの話し合いを終えたとしています。

なお、当然ながら契約しない一部インディーズレーベルのコンテンツは有料サービス内で提供される事は無いながら、米国音楽業界の約95%を取り仕切るUniversal Music Group / Sony Music Entertainment / Warner Musicとは既に契約を更新済みだという。

以前、YouTube事業の副社長を勤めるスーザン・ウォジスキ氏はモバイル時代における有料サービスの可能性と方向性を考え、検討している事を語っていました。有料サービスでは広告が無く、オフライン視聴などに対応する見通しです。

Source・Via:Financial Times

Sponsored Links