Xiaomiスマートフォン、インド国内で販売禁止 ––特許侵害の為

中国Xiaomiは、インド事業にて大きな問題に直面している様です…。

急成長する中国の新興スマートフォンメーカー中国Xiaomi(小米科技)は、インド国内での製品販売、組み立て、宣伝および輸入が禁止となった事が分かりました。

Xiaomi、第2の市場で大きな問題に直面

 インド国内の最高裁判所は、中国Xiaomi(小米科技)のインド国内の事業を一切禁止する判決を下し、その理由としてスウェーデンのEricssonが権利を持つ、3G・EGDEの特許を侵害したとしています。

高等裁判所は現在、Xiaomi製スマートフォンの販売売上げを公開するよう求めると共に、海外からのXiaomi製スマートフォン輸入全面禁止を命じた模様。

Xiaomiは今年2014年7月にインド市場に本格参入したばかりで、中国に次ぐ第2の巨大市場と見込んでいるインドにおいて、50万台を超えるスマートフォンを販売したと伝えられています。

これまで、同社はインド事業でブランド名「Mi India」を取得するなど、インド市場に大きな力を注いでいました。

Source・Via:Forbes

Sponsored Links