Android One対抗、世界初のTizen OS搭載スマホ「Samsung Z1」実機がリーク

スマートフォン王者の韓国Samsungが、新興市場に投下する「Tizenスマートフォン」がリークされています。

Tizen OS搭載の「Samsung Z1(SM-Z130H)」は低価格提供を目指した新興市場向けのスマートフォンで、間もなく正式発表がおこなわれるものだと見られています。

Tizen OS搭載の「Samsung Z1」インド市場で低価格提供へ

 今回、実機とスペック内容がリークされており、OSにTizen 2.3を採用し、世界初のTizen OS搭載スマートフォンとなる見通しです。

ディスプレイサイズは4.0インチで、300万画素カメラにデュアルSIM対応、W-CDMA/GSM、Bluetooth 4.0通信に対応する。スペック全体は以下の通り。


・ディスプレイ:4.0インチ WVGA(480×800)PLS液晶
・プロセッサ:1.2GHz デュアルコア
・メモリ:RAM 768MB/ ROM 4GB
・カメラ:背面300万画素、前面30万画素
・バッテリー:1500mAh
・その他:Bluetooth 4.0、無線LAN IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)
・OS:Tizen 2.3

Samsung Z1は2015年1月18日にインド市場で発表される事が決定されており、Googleの新興市場Android端末普及プロジェクトAndroid One」に対抗するスマートフォンとなる見通しです。

Source・Via:@MAHESHTELECOM

Sponsored Links