Google Glass似のVRモード搭載スマートグラス「ORA-1」、OSにAndroidを採用

 Google Glass似の新たなSmart Glassデバイスが登場…!「ORA-1 Smart Glasses」という名のグラスウェアは米・クラウドファンディングサイトにて資金を募っています。

Google Glassと比べ、大分ゴツいSmart Glassデバイスですが、VR(拡張現実)機能を活用することに重点をおかれているため、仕方ないものとのかもしれません。

「ORA-1 Smart Glasses」、VR特化のウェアラブルグラスに

 ORA-1 Smart Glasses(通称:ORA-1)では、2モードに切り替えられる機能が搭載されており、1つは情報端末とした「Google Glass」的な活用目的に、もう1つは「Glance Mode」というVR体験に特化したものとなります。

メガネ部分がスクリーンとなり、様々なAR情報を装着者に提供するシステムを搭載可能。このメガネ部分は「Photochromic Lenses」と言い、サングラスに分類できるものとして、明るさに合わせた自動調光機能が完備。

本体にはAndroid OSが搭載されており、基本利用は単体での使用となります。なお、WiFi・Bluetooth・GPS対応。ORA-1は開発者向けに提供されるデバイスで、一般向けには「ORA-X」が300ドル(約3万1000円)で提供予定。

製品の出荷は開発者向けに2014年12月。一般向けの市販品は2015年6月を予定しています。Oculus Riftを中心にVRヘッドセットも次々誕生し始めており、最近では中国メーカー・LenovoもGoogle Glass似のスマートグラスを開発しています。

Sponsored Links