Windows Phoneの音声アシスト「Cortana」、テレビCMで「Siri」を小馬鹿に

 Microsoft(Nokia)は音声アシスタント「Cortana」と比較し、Appleの音声機能「Siri」を小馬鹿にするテレビCMを公開しています。

Cortanaは「Siri」以上「Google Now」以下…?

 以前はiPhoneを小馬鹿にしていた「Windows Phone」の新たなテレビCMでは、音声アシスタント機能を比較し、Apple・Siriの機能面に文句を言う内容となっている。

テレビCM「Lost」では、CortanaSiriと違い行き先の混み具合をリアルタイムで把握し、ユーザーに自前に音声通知する機能をアプローチしています。

もうひとつの「Remind Me」は友達などの誕生日や祝い事を事前に把握し、ユーザーに音声通知する機能を紹介している。その中で「Siri」には無い機能と言う事を強調し、機能面においた「Siri」の不必要さを謳っている。

ただし、音声アシスタントで優れているのは「Siri」でも「Cortana」でも無く、現時点でGoogleの「Google Now」である事は間違いない…。Cortanaが「Google Now」を馬鹿に出来る日が訪れる事にも注目したいところです。。

Source・Via:Cult Of Mac

Sponsored Links