ユナイテッド航空、iPhone6 Plusを活用し顧客サービスを向上へ

米国のユナイテッド航空は、大画面の「iPhone6 Plus」を使い顧客サービスの向上を図る。

ユナイテッド航空は2万3000人以上の全客室乗務員にiPhone6 Plusを供給し、今後は機内販売/マニュアル確認/メールを迅速に行なえるように活用する事を発表しました。

ユナイテッド航空、iPad Air2に続きiPhone6 Plusを活用

 iPhone6 Plusの供給時期は2015年第2四半期となり、客室乗務員はiPhone6 Plusを利活用して機内販売の決済/社内メール/マニュアルの確認などをおこなうという。

また、機内でのトラブル発生時にiPhoneを使い迅速かつリアルタイムな問題報告をおこなえると見込んできます。この他、 顧客サービスの為の専用ツールも用意する事を発表している。

同社は2011年にタブレットの「iPad」を実験的に活用しており、現在は最新の「iPad Air2」を利用した顧客サービス関連のプログラムを進めています。

Source・Via:PRNewsWire

Sponsored Links