東芝のAndroid搭載タッチパネル式 24型フルHD液晶「Shared Board」スマホ連携など

どんな場面でも使えて、スマホ・Windows PCにも対応!!

東芝ライフスタイルは、Androidを搭載した24型フルHD液晶「Shared Board(シェアード・ボード)」の発売を開始しました。

「Shared Board」タッチパネルモニターやスマートフォン連携など

 Shared Boardはマルチタッチ対応ディスプレイで業務用向けAndroid端末モニターとなり、A3サイズをほぼ原寸大で表示できる24型ディスプレイはFHD(1920×1080)出力に対応。

最大10ポイントのマルチタッチに対応、2つのアプリを同時起動できるダブルウィンドウ機能を備え、PCのタッチパネルモニターやスマートフォンと繋いで大画面モニターとして活用可能です。

業務用向けに開発されており、電子看板や案内表示ディスプレイ、説明用のデジタルボードなどのデバイスとして店頭やショールーム、オフィス・ホテル・教育現場での利用に適している。価格はオープンで主な製品仕様は以下の通りです。


・ディスプレイ:タッチパネル付き24型 フルHD TFT液晶パネル(1920 × 1080ピクセル/1,677万色)
・CPU:1.0GHzデュアルコア
・メモリ:1.5GB RAM/16GB ROM
・サイズ:564mm × 336mm × 25mm、重さ3.9kg
・OS:Android 4.2.1
・その他:HDMI 端子× 2、USB 端子× 2、PC IF端子(miniUSB)× 1、AC アダプター端子× 1

プリインストールアプリとして、Flipboard/Jorte/メッセージボード/インフォメーションボード/ホームネットワークプレーヤー/Adobe Readerが搭載されています。

Sponsored Links