Google、洋上建造物「Google Barge」を一部売却!不評により完成ならずか

 Googleの未来型「洋上ショールーム」は完成せずに終わりを迎えることとなりました。米・Googleは現地時間8月1日付けで「洋上ショールーム(Google Barge)」売却を認めた。

Google Bargeは製造中から、周辺地域からは「気味が悪い」などの声が挙がる評判の悪い洋上建造物であった…。

グーグルの「洋上ショールーム」、開業前に白紙へ

 Google Bargeは東海岸・ポートランドなどの洋上に建設され始めた未完成の大型建造物。艀(はしけ)のため、海上を自由に移動することが可能。

洋上建造物プロジェクト「Google Barge」が始動したのは2013年、サンフランシスコ湾とコネチカット州ニューロンドンで製造が始まり、将来的にはGoogleの洋上ショールームとなる計画でした。

また、秘密主義であるGoogleの研究機関「Google X」などの最新プロジェクトや開発製品を体験・お披露目する場として考えられていた。

海上移動で一般者からVIPまで多くの人々を招待するものだと見られ、将来的にはショールームとリテール(小売店)を兼ね備えた運営をしていく計画を報じられていましたが、全てが白紙となった様です。

カリフォルニア州ストックトンにあるGoogleのはしけも、今ではただ保管された状態。米CNETは今後、Googleが完全にGoogle Barge事業から撤退する可能性があると伝えています。

Source・Image:CNETThe Next WebFlickr

Sponsored Links