中国・Huawei、Android Wear端末を2015年に発売へ…CEOが明言

 中国メーカー・Huaweiは、2015年度中のAndroid Wear端末発売を計画している可能性が浮上。

同社はIFA 2014にて、最新フラッグシップスマートフォン「Ascend Mate7」「Ascend G7」を発表しており、同イベント中に新たな計画を明かしたそうです。

Huawei初・中国メーカー初のAndroid Wear端末に…!?

 米・Engadgetの情報によると、HuaweiのCEO(最高経営責任者)Richard Yu氏は、インタビュー時に「革新的で美しい製品」を開発する意向を示したという。

その製品に関する詳細情報は述べなかったものの「韓国・SamsungのGear Sよりも美しいものになる。」とコメントしたそうです。同メディアは、それは”Androidウェアラブル“だとしています。

画像:Samsung Gear S

既に、中国メーカーのXiaomiHuaweiはいくつかのウェララブル製品を発表していますが、どれもアクティビティトラッカーに分類されるリストバンド型のウェアラブルデバイス。

Huawei社では、2015年の新型ウェアラブル発売を計画しており、その頃の中国・アジア市場では今以上にスマートウォッチ市場が拓いていると予想されています。同社はその時期を狙って、自社製Androdi Wear端末を投下する見込み。

なお、中国・Huaweiスマートフォンなどの分野において、既に日本市場展開を果たしています。

Source・Via:Engadget

Sponsored Links