Googleの360度パノラマ撮影可能なカメラアプリ「Photo Sphere」、iOS版を提供

 米・Googleは現地時間8月19日、Photo SphereアプリのApple・iOS版をリリースする事を発表しました。

Photo Sphereアプリはこれまで、Androidスマートフォンやタブレットのみ対応していましたが、今後はiPhoneiPadからも利用できる様になります。

「Google Maps」と統合するカメラアプリ「Photo Sphere」

 Photo Sphereは360度のパノラマ写真撮影が可能で、上下左右にスクロールできる画像を作成できます。特徴としては「Google Maps」などのソーシャル系サービスに投稿でき、自分が見た景色を不特定多数の人と共有する事ができます。

利用者が画像とともに現在地情報を合わせてGoogle Mapsに投稿すると、Google側が画像を選択し、Google Maps上で表示される仕組み。GooglePhoto Sphereでカメラ機能以外にも、不特定多数の人々と「バーチャル感覚に世界を楽しむ」ことを目標にしているそうです。

カメラアプリは一般企業や個人開発者のみならず、Facebook傘下のInstagramや、Yahoo!傘下のFlickrなどが存在。Googleもカメラ・画像関連サービスにおいての事業提供を、より多くのユーザーにおこなっていきたい考えがあるとも言えるでしょう。

それだけではなく、Photo Sphereの機能はGoogle Mapsのサービス拡充にも自然と繋がるユーザー機能です。

【iOS版インストールはコチラから ▶ Photo Sphere Camera – App Store
Source・Image Via:CNET

Sponsored Links