台湾、政府機関のLINE使用・活用を禁止に!理由はセキュリティ

複数の海外メディアが、台湾総統府が声明を出したLINE禁止令について報じている。

台湾、行政機関でのLINE利用・活用を禁止へ

 Reutersなどの情報によると、韓国・NAVER傘下のLINEが運営する無料通信アプリ「LINE」について、台湾政府が、政府関連のコンピューターデバイスを通したLINEの利用を全面禁止に動いたという。

台湾は日本に次いで「LINE」が活用されている国。しかしながら、台湾総統府ではセキュリティー面に懸念があるとして、政府や行政関連のコンピューターでのLINE使用・活用を禁止する声明を発表した。

また、同時に中国のモバイルメーカー・Xiaomi(小米科技)のデバイスに関してもセキュリティに問題があると見て、現在調査を進めている事が判明。

ReutersではLINEへの広報担当者に回答を求めた模様で、LINEは現在、詳細を調査中との事。Xiaomiはコメントを拒否したという。なお、EpochTimesが伝えた情報では、セキュリティ専門家の調査において情報セキュリティ上、LINEに懸念するべきだという意見も挙がっている。

Source・Via:EpochTimesReuters

Sponsored Links