Amazon、Fire Phone発売から2ヵ月程で200ドル値下げへ

 米・Amazonが開発をおこなった自社製スマートフォン「Fire Phone」が200ドルもの大幅な値下げをおこなった様です。

同デバイスはAndroidベースの独自カスタムOSを搭載し、カメラ・音楽やショッピングに特化したスマートフォンモデルです。

機能性は十分のFire Phone、発売2ヵ月で大幅値下げへ

 米・Amazonが発売を開始してから 2か月も経たずに200ドルもの値下げに踏み切ったものの、スマートフォン自体の性能は文句なし。

4.7インチのHD(1280×720ピクセル)IPS液晶ディスプレイを搭載し、機能性の高いフロントカメラを内蔵。町中のチラシや商品をカメラ撮影から商品検索できる「Firefly」機能などがあります。

この他、片手でアプリのショートカットを表示できる「Dynamic Perspective」機能などが含まれ、ゲーム機能にも特化した端末に仕上げられていました。

ただし、発売から2ヵ月でAmazonが予想していた販売数に至らなかった模様。当初の販売価格から200ドル(約2万円)値下げされ、32GBモデルが0.99ドルの2年契約・合計449ドル(約4万5000円)、64GBモデルが99ドルの2年契約・549ドル(約5万5000円)となっています。

Source・Via:Amazon(US)

Sponsored Links