Amazonのお財布アプリ「Amazon Wallet」、Androidアプリ(β版)が米国提供

米・Amazonは現地時間の7月21日、同社のお財布アプリ「Amazon Wallet」のβ版アプリをリリースした。

Amazonでのショッピング時に必要なクレジットカードなどの情報を一括管理することの出来る専用スマートフォン / タブレットアプリです。

クレジットカードやギフトカードの情報管理、実店舗活用も

 Amazon Walletは、Amazon内で電子決算をおこなう上で必要なクレジットカード、ギフトカードなどの支払い情報を登録し、一括管理する専用ウォレットサービス。

ベータ版では、クレジットカード / デビットカード、銀行口座からの直接引き落としなどは未対応。主な機能として、ギフトカード・量販店の会員カード・ポイントカードを管理することができ、いつでも追加することができる。クレジットカードなどの対応は今後、おこなわれる見込みです。

Amazon Walletアプリのリリースは、主に「Google Wallet」などのお財布系アプリに対抗する見方がなされています。また、Amazon Walletは実店舗での活用もできる。同アプリに各種、量販店などの会員カード情報などを登録すると、Amazon Walletに加盟している店舗でアプリからの電子決算ができるという仕組み。

クレジットカードや会員カードを提示する必要がない。ベータ版では、QRコードやバーコードをデバイスの画面上に表示してスキャンさせる方法となっているが、今後、新たに手が加えられNFC(近距離無線通信)などに対応する可能性がある。

なお、ベータ版の提供は米国ユーザーのみに提供されているので、日本国内での利用はできない。面白いウォレットアプリであるため、日本での提供も少しは期待したいところだ…。

Sponsored Links