YouTube、テレビ用インタフェースを刷新!Material Design採用でXbox One提供

 YouTubeは8月14日(米国時間)、ワイドモニター(テレビ)向けのインターフェースを新たに刷新しました。

新たなテレビ向けインターフェースは、HTML5ベースでMaterial Designを採用しています。

テレビモニター向けに最適化、インターネット接続型デバイスにも順次提供へ

 刷新されたインターフェースは、コンテンツを上手くグループ分けしています。以前よりも各チャネル・リコメンデーション・アップロード・視聴履歴が確認しやすくなっている。

その他にもチャネル・プレイリストページも改良されており、複数の分類・ジャンル分けで表示されています。新たなインターフェースでは、コンテンツの見やすさ・機能の使いやすさを以前よりも配慮した作りとなっています。

今回発表されたインターフェースは、まずはXbox Oneに提供予定。その後、PlayStation 3Rokuスマートテレビ・ストリーミングプレーヤなどのセットトップボックスやテレビデバイスに展開される予定だという。

また、海外メディアでは販売が好調なSONYの最新据え置きゲーム機・PlayStation 4用にYouTubeアプリが提供されることも、そう遠くはないだろうと伝えています。

なお、インターフェースの全体にはGoogleが編み出したネクストフラットデザインの「Material Design」が採用されています。

Source・Imgae:YouTube BlogTechCrunch

Sponsored Links