個人主義時代、米国の「YouTuber」10代にはハリウッドスター並みの人気と影響力

 米国の情報サイト・Varietyが10代層のエンタメ分野に関する調査をおこなったところ、YouTuberがハリウッドスター並みに人気と影響力を誇っている事が判明しました。

もはや、テレビなどのメインストリームに露出しなくとも、爆発的な人気・影響力を誇れる社会へとなってきている様です。

本場・アメリカの「YouTuber」、ハリウッドスター並みの人気と影響力

 YouTuberは動画投稿・共有サイト「YouTube」に様々なジャンルの動画を投稿するユーザーの事を指す。近年では米国のみならず、日本でも動画投稿で生計を立てているユーザーが増えている。

Varietyは、米国の13~18歳の1500人を対象に影響力のある人物に関する調査をおこない、その結果を自身のウェブサイトで公開した。それによるとトップ5はYouTuberが占め、トップ20の半分がYouTuberという結果になった。

最も人気が高かったのは「Smosh」という2人組のコメディ系YouTuber。2位は「The Fine Bros」。3位はゲームプレイ動画を投稿する「PewDiePie」。その後にアーティストのKaty Perryが9位、ハリウッドスターのジョニー・デップは14位、20位にレオナルド・ディカプリオが並ぶ結果となりました。

なお、その有名スター達の間に多くのYouTuberが挟まる結果となっています。ランクインしたYouTube達は多少、メインストリーム上での露出がありながらも、10代にとってアーティストや雑誌・テレビ出演者、ハリウッドスター並、或いはそれ以上に好まれている事が分かった。

同メディアでは調査結果に関し「セレブよりもYouTuberの方が親しみやすい事が結果として反映される形となった」と説明。また、ランクインしたYouTuberはジャンルも実に様々で、ゲームプレイからコメディ・パロディ系、メイクアップ・ファッション情報を個人配信し、10代層に莫大な人気と影響力を誇っています。

今回の調査にて、爆発的な人気や影響力を誇れる様になった米国においての”個人主義”時代、本格到来を感じることが出来る結果となっています。

Source:Variety

Sponsored Links