Xiaomi(小米科技)、Androidベースの独自プラットフォーム「MIUI V6」を正式発表

 中国大手のモバイルメーカー・Xiaomi(シャオミ=小米科技)が自社プラットフォームの新バージョン「MIUI V6」を正式発表しました。

MIUI V6は、AndroidベースのXiaomi製プラットフォームです。2014年10月頃の完成・一般提供を目指しています。

シャオミ、独自プラットフォームを更に進化、統一感のあるデザイン設計に

 プラットフォームの「MIUI」は、Xiaomi製スマートフォンにはプリインストールされています。その新バージョン「MIUI V6」は1000人規模のユーザーにベータ提供されており、8月22日から1万ユーザーに提供を開始。

9月には開発者向けにリリースを予定し、10月にXiaom製スマートフォンに順次アップデートがおこなわれる計画です。MIUIは中国国内のスマートフォンユーザーにはとても魅力的なサービスで、Xiaomiの強みとなっています。

MIUI V6の新機能は連日公開され始めており、プロモーション画像やスライド資料が公開されています。それによるとシステムやユーザーインタフェース・アイコンが刷新。シンプルでよりフラットなデザイン設計になっています。

MIUI V6では、各種通知機能がレベル分けされ、重要度の高い通知が優先的にユーザーに提供される仕組みや、ゲーム情報やテレビ番組の情報収集機能の実装、カメラアプリの操作性向上、クラウドサービス「Mi Cloud」の編集・共有機能の強化などが発表。

今後、更なる機能などが順次発表される見通しです。依然としてAndroidベースでありながら、そうとは思えない程のプラットフォーム構築を可能にされています…。

Source・Imgae Via:Xiaomi TechMIUI

Sponsored Links