サムスン、10.5インチと8.4インチの「GALAXY Tab S」を8月1日に国内発売

 7月16日、サムスン電子ジャパン(SAMSUNG ELECTRONICS JAPAN)はタブレット端末のフラッグシップモデルとなる「GALAXY Tab S」シリーズを国内展開することを発表。

発売される「GALAXY Tab S」シリーズは、いずれもWi-Fiモデルで10.5インチと8.4インチディスプレイの2モデルとなる。

サムソン製、高性能・薄型軽量の最新タブレット端末「GALAXY Tab S」

 今回、国内展開が発表された2モデルは10.5インチの「GALAXY Tab 10.5」と8.4インチの「GALAXY Tab 8.4」。サムスンが運営する「GALAXY SHOP」で販売される予定です。

GALAXY Tab Sシリーズは、サムソン製の高性能・薄型軽量を実現した最新タブレット端末。2モデルとも、フルハイビジョン超えのWQXGA(2560×1600ドット)で、スーパー有機EL(Super AMOLED)ディスプレイを搭載している。

この他、一般的な液晶以上の色域・コントラスト比を実現し、より美しい映像を再現できているという。CPUには8つのコアを備えたオクタコアCPU「Exynos 5 オクタコア」を国内初搭載。サムスンでは同社の技術で、性能と低消費電力を両立させていると発表しています。

また、サムスン電子は8~9インチクラスのタブレット端末では今回のGALAXY Tab Sが世界で最も薄く、軽量だという。主な仕様に関しては次に記載しています。


ディスプレイ:WQXGA(2560×1600ドット)、スーパー有機EL(Super AMOLED)
CPU:Exynos 5 オクタコア
OS:Android 4.4 KitKat
カメラ:背面カメラが800万画素、前面カメラが210万画素
メモリー:3GB(2モデルとも)、ROMはGALAXY Tab S 8.4インチが16GB、10.5インチが32GB。(どちらも32GBのmicroSDカードを同梱)
厚さ・重量:2モデルとも厚さは6.6mm。GALAXY Tab S 10.5は約465g、GALAXY Tab S 8.4は294g
バッテリー:8.4インチモデルが4900mAh、10.5インチモデルが7900mAh

なお、発売日は「GALAXY SHOP」にて8月1日を予定。GALAXY SHOPはエディオン(豊田本店)、ビックカメラ(名古屋駅西店、なんば店、有楽町店)、ヤマダ電機(LABI品川大井町店、LABI日本総本店)、ヨドバシカメラにて開設されています。

上記のGALAXY SHOPでは7月18日から先行展示・予約を受け付け、予約購入者向けに「純正Bookカバー」付きの500セットが販売される。GALAXY Tab Sシリーズは2つのアプリを同時に操作できるマルチタスクを搭載。他にも指紋認証センサー機能が搭載されています。

Source・Image:Samsung

Sponsored Links