Barnes&Noble、Galaxy Tab 4 NOOKを発表・発売!価格は日本円で1万8000円程

 米国の大手書店チェーン・Barnes&Nobleが、Samsung製の「Galaxy Tab 4 NOOK」を正式発表、本日20日からの発売を開始しました。

Galaxy Tab 4 NOOKは「Galaxy Tab 4 7.0」と同じ価格の179ドル(約1万8000円)。主に米国国内向けに販売します。

アマゾン、「Fire」タブレットの対抗機種となるか

 同製品はNOOKデバイスを製造・販売していたBarnes&Nobleと韓国・Samsungの協業開発タブレット。Barnes&Nobleは電子書籍販売大手のAmazon、Fireタブレットモデルに対抗する。

発表されたGalaxy Tab 4 NOOKの基本スペックは以下の通りとなっています。


・ディスプレイ:7インチ(1280 × 800)、216ppi
・CPU:Marvell PXA1088 Quad-core 1.2 GHz
・メモリ、ストレージ:1.5GB、8GB(Micro SD)
・カメラ:リア300万画素、フロント130万画素
・OS:Android 4.4 KitKat
・バッテリー:4,000mAh
・サイズ:約187 × 108 × 8.9 mm
・通信:Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
・その他:Bluetooth 4.0、 A2DP

カラーバリエーションはブラックとホワイト。Barnes&Nobleが運営する電子書籍ストア・リーダーアプリ「NOOK」がデフォルトでインストールされています。

Google PlayストアGalaxy Apps (旧Samsung Apps)にも対応し、NOOKの独自UIを採用。200ドル分の有料コンテンツが特典として付く形となります。

独自UIの他にも、書籍閲覧をサポートするマルチウィンドウ機能などのSamsung(Galaxy Tab 4)独自機能も搭載。既にBarnes&Nobleのオンラインサイトから購入が可能です。

Barnes&Nobleは米国最大手の書店チェーンでありながら、オンライン書籍市場ではAmazonに遅れをとっています。同社は世界ブランドのSamsung・Galaxyタブレットと手を組む事によって、ユーザーシェアを獲得したい思惑がある。

Source・Image:Barnes&NobleGalaxy Tab 4 NOOK

Sponsored Links