Google、クラウドベースの特殊レンダリング「Zync」を買収 –––Google Cloud Platformへ

 米・Googleは8月26日(米国時間)、クラウド関連会社の「Zync Render」を買収することを発表しました。

Zync Renderは、クラウドベースの特殊レンダリング技術を手掛ける企業で、Googleのクラウド事業部門・Google Cloud Platformチームに加わる予定だという。

Google、クラウドサービスの「Amazon Web Services」に対抗

 Zync Renderはアメリカ・ボストンにて2011年に創設。これまで手掛けたレンタリング技術及びソフトウェアは「トランスフォーマー」「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「LOOPER」「アメリカン・ハッスル」などの映画に採用されてきた。

Zync Renderの提供するクラウド型のレンダリングソフトウェアは、2次元・3次元効果をより柔軟に生成できるもので、映画会社などに特殊効果レンダリングソリューションを提供していました。

GoogleZyncのサービスをGoogle Cloud Platformに組み込み、更に高性能なクラウド型レンダリングのサービスを提供する見込み。具体的な買収内容と今後の内容については数カ月以内に公表される予定。

クラウド事業でライバルとなっているAmazonの「Amazon Web Services(AWS)」に対抗する動きだいう見方もあります。

Source・Via:Google Cloud PlatformWSJ

Sponsored Links