ハンズフリーで撮影、クラウドで共有!ウェアラブルカメラ・CA7CH Lightbox

 高性能な小型ウェアラブルカメラが登場予定です。わずか30gの「CA7CH Lightbox」は8Mピクセルカメラを搭載し、静止画や30fps / 1080pの動画撮影がおこなえるウェアラブルカメラ。

すでに米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」では多くの支援金が集まり、大人気のカメラとなっている。

ライブストリーミングにクラウド共有可能!!

 CA7CH Lightboxのサイズは38mm×38mm×10mmで重さは30g。カメラ本体はマグネット付きだから、帽子や服の上からの肩、胸なんかに装着可能。

コンサートなどのライブストリーミングを様々な角度から撮影でき、新しい臨場感を演出できるが、特徴は複数のCA7CH Lightboxを連動できるという点です。

複数のカメラを連動すれば、メンバーや観客視点から、多くの映像を見ることができ、更に臨場感が増す撮影が可能になる。またウェアラブルカメラとして、ハンズフリーでの撮影が可能。もちろん野外利用を考え、防水加工されているという。

また、CA7CH Lightboxは8Gバイトのメモリが搭載されていますが、他にもWi-Fi / Bluetooth経由でスマートフォン、または専用のクラウドストレージに転送可能。家族や友達とのクラウド共有がおこなえます。

なお、Lightboxと連動する専用のiPhoneアプリ「CA7CH」はリリースされており、コチラはスマートフォン単体のカメラアプリとして使用する事ができます。CA7CH Lightboxはフェスやイベント好きな方に特にお勧めしたい「ウェアラブルカメラ」となっています。

Sponsored Links