MicrosoftのタブレットPCブランド「Surface」が終了へ?事業不振が原因

台湾系メディア・DigiTimesが驚きの情報を伝えている。

DigiTimesはサプライチェーン筋から手に入れた情報として、米・MicrosoftのタブレットPCブランド「Surface」が終了するという噂を報じています。

MS、Surfaceブランドの事業展開は不振続き!?

 あくまでも噂に近いレベルの情報ながら、関係者の話によると「Surface」ブランド事業の展開で同社は約17億ドル(約1800億円)ほどの損害を出しているという。

最新作「Surface Pro 3」の販売台数も同社計画よりも大幅に少なく、Surfaceデバイスは初代モデルの頃から不十分な事業計画が続いていたと伝えている。

同メディアではこれらの原因に加え、スマートフォンの大型化・タブレットデバイスの高機能化が進み、タブレットPCの販売に今後更なる影響を及ぼす事を指摘。

その為、Microsoftは今後のSurfaceデバイス開発・発売に意欲的では無く、終了させる計画も浮上してしまっているとのこと。現時点で噂レベルの情報との事ですが、どこまで確実な方向になっていくのか、気になるところでありますね…。

なお、新型Surfaceデバイスの情報もここ数日ではいくつか浮上しています。

Source・Via:DigiTimes

Sponsored Links