2015年に国内のタブレット端末出荷台数がノートPCを上回る –––ICT総研調査

 ICTマーケティング・コンサルティング事業などをおこなう株式会社ICT総研が、スマートデバイス(スマートフォン・タブレット端末)の国内市場動向調査結果をまとめた。

調査結果によると、2013年度のスマートフォン・タブレットの出荷台数は、前年比107%増の3,679万台。爆発的に増加していた近年(過去2、3年)と比べると多少、低い増加比率となったが、タブレット端末は順調に増加しており、年間で過去最高を記録した事が分かった。

持ち歩きに主役はスマートデバイスに。2015年には出荷台数逆転が予想される

 今回の結果には、スマートフォン、そしてタブレット端末が、フィーチャーフォン・ノートPCを抑えて”持ち歩くためのデバイス”として、完全にその座の主役になったという。

また、スマートデバイスはこれからも毎年、増加傾向にある。調査レポートでは、2017年には2013年比18%増の4,352万台となる見通し。

タブレット端末はスマートフォンと比べると、市場拡大が2年程遅れていたと指摘しており、ようやくここに来て、タブレット端末の市場拡大に勢いが付いてきた形となっている。


2013年度はタブレット端末の割合が19.4%に拡大した。これが2017年度には28.6%にまで拡大すると見られる。また、2015年度にはタブレット端末の年間出荷台数が1,041万台と、同年のノートPC出荷台数見込み(852万台)を逆転する見込み。 2014年度 スマートデバイス需要動向調査….|ICT総研

法人活用、2台持ちがスマートデバイス市場を拡大

 最近では企業のタブレット利用が増加している。また、ICT教育などの流れもあり、教育の現場にもタブレット端末が普及するなど、今後も法人向け市場は年々拡大することが予想されています。タブレット端末に関しては、法人向けが高い伸び率で増加していくと推測されている。

スマートデバイスの出荷台数拡大は、スマートフォンとタブレット端末の”2台持ち”も大きく影響してくる。これに関しても、ICT総研ではアンケートを実施し調査しています。


現時点では外出時に「2台以上」の端末を持ち歩くユーザーは26.1%だが、1年後には35.5%と、2台以上の端末を持ち歩きたいとする回答者の割合が増加している。
また、「2台以上持ち歩く」とした回答者が支持する端末の組み合わせは、「スマホ+タブレット(WiFiモデル)」が現時点で15.6%、1年後の理想でも22.5%とトップとなった。 2014年度 スマートデバイス需要動向調査|ICT総研

現段階では、国内のスマートデバイスはiPhone・iPadが大きくシェアを獲得しています。それに加え、通信キャリアやPoket WiFiなどを提供する企業にとっても大きなチャンスが存在している事になる。

グーグルの「Google I/O 2014」を終えたばかりの最近では、ウェアラブル端末のスマートウォッチなどに注目が集まっていますが、今回の調査レポートより、スマートフォン・タブレット市場は引き続き一大市場である事を再確認させるものとなっています。

なお、ICT総研では調査結果・推計データについて、より詳細な資料を作成している様です。

Sponsored Links