レノボ、傘下のMotorolaブランドから新型タブレット端末を供給へ

 中国メーカー・レノボ(Lenovo)は傘下企業でもあるMotorolaブランドから新型のAndroidタブレットを開発・供給する模様です。

Motorola製のタブレットは「Motorola Xoom」が存在していましたが、長らく新型モデルの登場はありませんでした。

Motorolaの「タブレット端末」、市場に再登場へ

 Android Authorityの情報によると、Lenovoは中国市場を中心に自社の「Lenovo」ブランドとしていくつかのタブレット端末を発売してきましたが、今後は「Motorola」ブランドとしても展開するという。

その理由はMotorolaの米国・欧州市場でのブランド力の強さにあり、そのブランド力を今後のタブレット事業の戦略のひとつにしていくとの事。

Lenovoでは今後も、中国やアジア地域のLenovoブランドの行き渡っている市場では「Lenovoブランド」のデバイスを中心に供給し、他の欧州市場へは「Motorolaブランド」のデバイスを中心に提供する様です。

発売時期に関しては不明ながら、Motorolaブランドのタブレット端末が登場する事はかなり久々のところ。今後の続報に期待したいものとなっています。

Source・Via:Android Authority

Sponsored Links