ストリーミングのRokuTV、中国メーカーなどが4K製品を発売へ

ストリーミング型のセットトップボックスなどにも「4K」の流れが到来へ。。

中国の家電大手・ハイアール(海爾集団)などは、ストリーミング・チャンネル特化の「RokuTV」から新製品を発表することが分かりました。

ストリーミングTV、2015年は4K対応製品が登場へ

 ストリーミング機器メーカーの米Rokuは、CES 2015を前にRoku TV事業の拡大をアナウンス。同社は現時点で新製品の情報を発表していませんが、ハイアールは大型の32~65インチのRokuTVを販売する事を発表した。

また、既に「RokuTV」製品を開発・発売している中国TCL4K版Roku TVを発売することが見込まています。これらの流れを受け、米国の大手家電メーカー・ベスト・バイもRoku TV製品事業を拡大予定。

ベスト・バイの上級副社長は、新製品のRoku TVに関して、中国メーカーの参入で製品は比較的安価での勝負になると説明。

4K版Roku TVの登場はCES 2015以降になる事や、4K対応のセットトップボックス製品に関しての話には触れなかったものの、2015年はよりストリーミング市場が拡大する1年となる事を予想されています。

Source・Via:CNET

Sponsored Links