Android Wear搭載スマートウォッチ サムスン、LG、モトローラなどが発表か

 韓国・サムスンは「Android Wear」搭載のウェアラブル端末を、26日から開催される「Google I/O 2014」にて発表する見通しの様だ。米・情報サイト「CNET」が報じた。

CNETが報じた情報よると、発表されるウェアラブル端末は腕時計型のスマートウォッチになるとの事です。


サムスンは、同社独自のチップを採用するAndroid Wear搭載スマートウォッチと、Qualcommのプロセッサをベースとしたそれとは別のモデルを開発していると、情報筋のうちの1人は述べている。Google I/Oで披露されるのがどちらのバージョンになるのかは明らかではない。Android Wearは、スマートフォンなどのウェアラブル機器向けにGoogleが提供するOSだ。 サムスン、「Android Wear…|CNET Japan

サムスンの他にも「Android Wear搭載ウェアラブル」が複数発表か

 サムスン社は今までに、スマートウォッチ型ウェアラブルの「Gearシリーズ」を開発・販売しています。また、最新機種ではAndroid OSを使わずに独自OSの「Tizen OS」を搭載している。

今後は「Tizen OS」のデバイス開発に注力していくと見られていましたが、引き続きAndroid OSでの製品開発・リリースもおこなっていく様です。

なお、26日から開催される「Google I/O 2014」ではサムスン以外にも、LG、Motorola社などもAndroid Wear搭載のウェアラブルデバイスを発表すると見込まれている。

Sponsored Links