サムスン製Android Wearスマートウォッチ「Gear Live」、7月7日に国内出荷

 Google I/Oにて紹介されたAndroid Wear搭載スマートウォッチの1つ、サムスン製のウェアラブル「Gear Live」。Google Playにて近日発売となっていましたが、「7月7日までに出荷」との表記に切り替わった。

サムスン製Android Wearデバイス。LG G Watchに続いて、7日まで国内出荷へ

 Gear Liveは、LG G WatchMoto 360の中のひとつで、この3機種は世界最初のAndroid Wear搭載スマートウォッチとなる。なお、Gear Liveのスペックは次の通りです。


OS:Android Wear
ディスプレイ:1.63 インチ 320 x 320 SuperAMOLED(278 ppi)
サイズ:37.9 x 56.4 x 8.9 mm
重量:59 g
電池:300 mAh(1日使用)
プロセッサ:1.2 GHz
無線:Bluetooth 4.0(Low Energy)
メモリ:4 GB の内部ストレージ(512 MB RAM)
ポートとコネクタ:USB(pogo ピン)
センサー:加速度計、デジタル コンパス、ジャイロスコープ、心拍数モニター
Samsung Gear Live|Google Play

Gear Liveは、Android Wearが搭載されているため、リアルタイムな天候状況、交通情報、メッセージの確認は勿論。音声質問・操作によるメッセージ送信/受信もおこなえる。

また、心拍数等を計測できるセンサーも搭載されているため、先日発表されたGoogleのデジタルフィットネス・プラットフォーム「Google Fit」にも対応するとの予測もされています。

Gear Liveは国内出荷7月7日までとなり、国内価格は2万2000円。Google Playからの購入となっています。他にもAndroid Wear搭載スマートウォッチはLG G WatchMoto 360の発売が控えています。

▼LG製の「G Watch」は国内7月4日に発売予定。価格は2万2900円。詳しくは以下から。

▼米・モトローラ製の「Moto 360」は2014年夏発売予定。予想価格は2万円代。現時点で3機種の中で一番人気かもしれない。

Sponsored Links