Samsungの次期スマートウォッチ、円形フォルムでリング操作機能を搭載か

スマートウォッチデバイスに新たな操作方法が誕生する模様…。

韓国Samsungの次期スマートウォッチは、同社初のラウンド(円形)フォルムになるという情報が伝えられていましたが、そこに新たな操作方法が組み込まれる可能性があります。

スマートウォッチ向けの「リング状コントローラー」

 新たに、Samsungの次期スマートウォッチに搭載される可能性がある「新たな特許データ」が発見され、その資料では「ラウンドシェイプ採用でリング状コントローラーを搭載する」という内容となっています。

これは円形ディスプレイ周りのリング部でスマートウォッチを操作できるという仕組みで、資料画像では「一日のスケジュール」を操作している事を示すデザインとなってます。

ただ、この特許が必ずしもSamsungの次期スマートウォッチに搭載されるという根拠は無く、あくまでも可能性のひとつだという。しなしながら、有りそうで無かった「リング操作機能」は個人的に、様々な円形スマートウォッチに搭載されても良い様な印象を受けます。

Sponsored Links