Lenovoの新型スマホ・Vibe X2、Android Lを搭載しているという噂が浮上!

 中国の大手PCメーカー・Lenovoは、IFA 2014に向けた招待状を各メディアに送付を開始。その招待状に込められた意味について、海外では1つの噂が浮上しています。

招待状には、新型スマートフォンだと思われる「Lenovo Vibe X2」の文字と共にキャンディーが写し出されており、LOLLIPOP=Android L搭載ではないかと言われている。

Lenovoの意味深な招待状と招待文、Android L搭載を予告か…?

 興味深いことに招待状に書かれた文字は「We can not say anything either(どちらかは言えない。)」との事。これは「現行バーションのAndroid Kitkatか次期バージョンのAndroid L、どちらかは言えない」との意味ではないかと噂されています。

Android Lの正式名称は「Android Lollipop」「Android Lemon Meringue Pie」などがあり、正確なネームは判明していませんが、「Android Lollipop」の可能性は低いとの声が多く存在。

可能性は高いとは言えませんが、非常に気になる憶測の1つである事は間違いありません。この答えはIFA 2014にて明らかになる見通しです。なお、大凡のスペック内容に関しても中国の認証機関・TENAAにて公開されています。


・ディスプレイ:5インチ(1080 × 1920) IPS液晶
・CPU:Octa-coreプロセッサ、2.2GHz dual-core
・カメラ:1300万画素 LEFフラッシュ、500万画素
・メモリ、ストレージ: 2GB、32GB
・サイズ:140.2 × 68.6 × 7.27、質量120g
・通信:GSM/TD-LTE/WCDMA

Sponsored Links