レノボ、19.5インチのテーブルPC「Lenovo N308」を価格4万5000円から9月19日発売

 Lenovo Japanは、Androidを搭載した19.5インチのテーブルPC(液晶一体型デバイス) 「Lenovo N308」を国内向けに発売する事を発表しました。

Lenovo N308の発売予定日は9月19日となり、予想販売価格は4万5000円前後からとなる見込みです。

タッチスクリーン対応、デスクトップPCの様に利用することも可能

 発表されたLenovo N308は19.5インチのタッチスクリーン型液晶ディスプレイを採用。テーブルPCながら、キックスタンドを搭載し、机の上に縦てたり寝かせての操作が可能。

この他、マウス・キーボードを接続すればデスクトップPCとしても利用する事が出来ます。OSにはAndroid 4.4.2 Kitkatを搭載。主なスペックは以下の通りです。


・ディスプレイ:19.5インチ(1600×900)LEDバックライト
・CPU:Tegra 4 T40s 1.8GHzクアッドコア
・メモリ、ストレージ:2GB / 32GB
・カメラ:前面 HD動画撮影
・サイズ、重さ: 489 x 323 x 33mm、4.6kg。
・OS:Android 4.4.2 KitKat
・その他:USB2.0 ×3、カードリーダー(SD / SDHC / SDXC / MMC / MS / MS Pro 対応)ヘッドホン出力×1、マイク×1、Wi-Fi a/b/g/n、イーサネットポート(10/100)、Bluetooth v4.0

バッテリー駆動時間は約3時間、外部モニタ機能はサポート外となっています。カラーバリエーションはブラックとホワイト。バッテリー搭載モデルとバッテリー非搭載モデルが用意される。

販売予想価格はバッテリー搭載モデルが5万2000円程、バッテリー非搭載モデルが4万5000円程となり、9月19日に国内で発売される予定です。

Source・Via:Lenovo Japan

Sponsored Links