HP、Windows 8.1搭載「Stream Notebook」299ドル程の低価格で 9月末に発売

 HP(ヒューレット・パッカード)はWindows 8.1搭載の14インチノートPC「Stream Notebook」を正式発表しました。

価格は299ドルとなっており、米・Microsoftが提供する低価格ノートPCブランドとなります。

Stream Notebook、299ドル(約3万円)で9月24日発売

 発表された「Stream Notebook」は、MicrosoftGoogleの低価格ノートPC「Chromebook」に対抗するために開発された製品。当初は199ドルでの提供をアナウンスしていましたが、発表現在、HPの直販サイトでは299ドルとなっています。

なお、200ドル以下のWindows PCASUSやエイサーが発表しており、OSには「Windows 8.1 with Bing」を搭載している。今回発表されたHP製「Stream Notebook」は搭載OSが「Windows 8.1」となっており、通常よりも値が張った可能性がある。

発表された「Stream Notebook」の主なスペック内容は以下に掲載します。


・ディスプレイ:14インチ(1366×768)液晶、タッチ非対応
・CPU:A4 Micro-6400T、4コア APU
・メモリ、ストレージ: 2GB / 32GB・64GB
・カメラ: 前面HD ウェブカメラ
・OS:Windows 8.1
・その他:USB3.0 x 1、USB2.0 x 2、SD カードスロット、HDMI x 1、ヘッドフォン / マイクコンボジャック x 1、BeatsAudioクアッドスピーカー
・サイズ:34.4 x 24 x 1.78cm、1.75kg。
・通信:Wi-Fi、Bluetooth ete

カラーバリエーションはシルバー・グリーン・パープル。Microsoft OneDriveの100GB分2年間無料権が付いて、米国では発売価格299ドル(約3万円)から、9月24日の発売を予定している。

Source・Via:HP

Sponsored Links