個人情報漏洩疑惑に関し、Xiaomi(小米科技)副社長が釈明・謝罪––問題対処へ

 先月、台湾メディアは中国の大手モバイルメーカー・Xiaomi Tech(小米科技)が個人情報を漏洩している可能性があると指摘。

今月に入っても香港の掲示板サイトなどでは依然、話題となっており、フィンランドのセキュリティ会社・F-Secure社が調査に乗り出した。

その結果、実際にXiaomi製スマートフォンが個人情報を強制送信している事が判明。この調査結果とユーザーからの非難を受け、Xiaomiは公式にアナウンスを出しました。

Xiaomiの副社長・Hugo Barra氏が釈明・謝罪、アップデートで対処する方針に

 一連の情報に関し、Xiaomi Tech副社長・Hugo Barra氏はGoogle+にて正式にコメントを出した。Hugo Barra氏は米・Googleで元Android担当幹部を勤めていた人物です。

そのHugo Barra氏は、個人情報を送信していたXiaomi製クラウドサービス及びメッセージサービス「MIUI Cloud Messaging」について説明。

同サービスは問題視されていた「IMEI」と「IMSI」のデータを使って、Xiaomiユーザー同士で無料SMSがおこなえるシステムを提供していたという。この為、重要な個人情報でもある「IMEI」と「IMSI」のデータをXiaomiのサーバーに送信していたと述べています。

この送信には万全な暗号化対策をおこない、メッセージの内容なども短時間で自動破棄される仕組みを構築していた事も説明している。

ただ、Hugo Barra氏は今後、この仕組みを無効化できるようにする方針だとし、次のアップデート(即日提供予定)からXiaomiユーザーは個人データ送信における有効 / 無効化を選択できる様になる。

同氏はユーザーに懸念と心配事を掛けてしまった事を謝罪しており、今後もより良い製品・サービス提供をおこなっていきたいとコメントしています。

Source・Image:The Next Web+Hugo Barra

Sponsored Links