Amazon Fire Phone、アプリ開発者に150万円相当の仮想通貨を提供へ

 米・通販大手アマゾン(Amazon.com)は6月20日(現地時間)、先日発表をおこなった自社製3Dスマートフォン「Fire Phone」に対応するアプリを手掛けるデベロッパーに、最大で1万5000ドル(日本円で約150万円)相当の仮想通貨(Amazon Coins)を提供すると発表した。

このインセンティブプログラムは、アマゾンからの一定の条件を満たした有料1アプリに対し、Amazon Coinsを5000ドル分(約50万円)提供するというもの。また、開発者一人のアカウントに付き、3つのアプリまでが対象となり、最大で1万5000ドル分を提供する。

アマゾンから提示されている開発アプリの条件は、有料のアプリ、またはアプリ内購入機能があるFireアプリ。Fire Phone独自の機能(センサー等)に対応するアプリとなっています。なお、アマゾンに認定されなければ仮想通貨は受け取れない。


全てのアプリはHome APIを利用すること、非ゲームアプリはFoundation ControlsとDynamic Perspective SDKを利用すること、ゲームアプリはDynamic Perspective SDKを利用することが明記されています。 米Amazon、Fire Phone向けアプリ…|ガジェット通信

Fire Phone発表時、アマゾン社CEOジェフ・ベゾス氏は、Fireの独自機能に関し、使用できる様になるアプリケーションに大きな期待感を示していました。


3Dとセンサー機能による認識、トラッキング技術は今までには無い、真新しいアプリやサービスを作り上げることが可能になると見ているとの事です。 Amazon、噂通りの3Dスマートフォン…

今回のインセンティブプログラム実施についてアマゾン社は、Fire Phoneのシェア獲得・利用拡大、アプリサービスの拡充を計っていくとされています。

Sponsored Links