インドの輸出入データベース・システムに「Nexus 8」の試作機が記載される

 インドの輸出入データベースサイト・Zaubaにて、GoogleのNexusブランドである「Nexus 8」のプロトタイプが確認された。

公開されたインドの輸出入データベースには「NEXUS8 POTOTYPE TALBET」と記載されているため、Googleのモバイル端末ブランド「Nexus(ネクサス)」の試作端末の可能性が高い。

ネクサスの新機種、インドでソフトウェア開発か

なお、データベース上には2014年6月30日付けで米国からインドに輸送された事も判明しており、「Nexus 8」をインドで開発すると見られています。

正式なデータ上などで「Nexus 8」の名前が確認されるのは今回が初めて。Googleは「Nexus 5」を正式に発表以来、8.9インチディスプレイのNexusタブレット「Nexus 9」の開発が噂されていた。

今回の「Nexus 8」では約7〜8インチタブレットの可能性がある。噂されている「Nexus 8」と「Nexus 9」に関しては、同じ8インチ代のタブレットであるため、同一端末だという情報もあります。

また、リリース時期に関しては今月7月中に発売されると伝えられているが、Android OSの新バージョン「Android L」の正式版リリースと合わせて、今年秋頃に発表・発売するとみられている。

一時はNexusブランド廃止がささやかれており、先月にGoogle幹部が正式的にそれを否定。その後、ニューブランドと言われる「Android Silver」の情報も挙がっています。

Source / Image:Zauba

Sponsored Links