iPhone7で実用化? Appleの新特許は落下時の自動補正着地を可能に

新たなiPhoneは、ネコの様な着地を可能にするかも…?!

米AppleiPhoneなどのモバイル端末が落下した場合に、空中で自動補正し着地を自動計算、ディスプレイなどを保護し着地する技術特許を取得しました。

将来の「iPhone」はネコの様な着地を実現??

 米国特許商標局が公開した資料によると、技術名は「電子機器保護メカニズム」となり、端末の落下を検知し、内蔵モーターによる振動で端末の向きを変更する技術の様です。

AppleではiPhone 6/6 Plusにゴリラガラスを採用、次期モデルではサファイアガラスを採用し、衝撃に強いディスプレイ設計を進めていますが、将来のiPhoneでは「仮に落としても、ディスプレイ部分から落下しない」技術を搭載する可能性が高まっています。

ただ、今回判明した「電子機器保護メカニズム」の技術が製品自体に採用されるかは不明なところですが、数々のイノベーションを実現してきたAppleだけに、今後の展開に注目したいところですね。

Source・Via:AppleInsiderUSPTO

Sponsored Links