Apple Watchの日本発売は優先されない可能性 ––アジア地域は第2陣に

Apple Watch発売はアジア地域を優先せず、まずは北米・欧州地域に注力か。

新華ニュースが海外メディア経由から手に入れた情報として、Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」は米国や欧州地域を優先し発売する為、日本・韓国・中国では遅れて発売されると報じています。

Apple Watch、アジア地域よりも北米/欧州に優先提供へ

 Appleではまず、2015年初頭にドイツ、スペイン、フランス、イタリア、スイス、アメリカ、イギリスで発売する計画を立てており、日本などを含めたアジア地域の多くの国では第2陣として発売される可能性がある。

また、Apple Watchの米国向けサイトでは「2015年の早い時期」となっているものの、日本向けのサイトでは「2015年登場」となっており、その可能性が高いという見方もされ始めています。

日本ではApple製品は人気が高いものとなっており、iPhone王国とも呼ばれる程のiPhoneユーザーを誇っているものの、スマートウォッチ分野では違う見方をされているのかもしれません。

なお、Apple Watchは2015年内に約1000万台を販売すると予想されています。

Source・Via:Gizmodo

Sponsored Links