パナソニックのFirefoxOS搭載4Kテレビ「CXシリーズ」、2015年春発売

SONYやSHARPが「Android TV」なら、Panasonicは「Firefox OS」へ。

Panasonicは「CES 2015」にて、スマートテレビ製品となるFirefox OS搭載の4Kテレビを発表しました。

パナソニックのFirefoxOS搭載テレビ、独自OSやAndroid TV搭載テレビに対抗

 発表されたPanasonicFirefox OS搭載4Kテレビは「CX850」「CX800」「CX650」「CX600」の 計4種類。CX850のみが音声認識操作に対応する。

Panasonicは「Firefox OS」を搭載する為、Mozillaと提携。両者はスマートテレビの使いやすさ・ユーザーの拡大を図ることに注力し開発。今後、Firefox OSのエコシステムを構築することとなります。

なお、Firefox OS搭載4Kテレビの「Panasonic CX」シリーズはフラットなユーザーインタフェースを採用。製品は2015年春の発売を予定しています。

開催中の「CES 2015」では、韓国SamsungがTizen OS搭載テレビを発表し、LGはWeb OS搭載テレビを発表。一方の日本のSHARPとSONYはAndroid TV搭載テレビを発表しています。

Sponsored Links