Microsoft、次のOSバージョンは「Windows 10」2015年後半に提供へ

 米・Microsoftは、次期Windows OS「Windows 10」を正式発表しました。

Windows10、「全く新しいOSのスタート」

 Windows 10Microsoftいわく「かつてないほど幅広いデバイスをサポートする」という。機能面ではスタートメニューが復活し、ライブタイルなどのカスタマイズ機能が追加。

デスクトップアプリなどと同じくウインドウ形式で起動する事が可能となっています。また、スナップ機能を強化。最大4つのアプリケーションを組み合わせられ、追加機能を自動で提案するという。

この他、新たなタスクビューボタン、マルチデスクトップ機能を用意し、手軽にデスクトップを切り替えられるUI設計を実現。

なお、予測されていた「Windows 9(TH)」ではなく正式名を「Windows 10」にした事については「バージョンアップではなく”全く新しいスタート”」を意識してとの事。

まずは10月1日にパソコン向けプレビュー版の提供、その後、サーバー向けと管理製品プレビュー版をリリース予定です。一般提供は2015年後半を見込んでいます。

Source・Via:MicrosoftWindows

Sponsored Links