脳で操作するは可能な時代へ。Google Glassを脳波で操作する「MindRDR」

 脳で考えただけで物事を操作する。なんて有り得ないことが可能になっていく…。

ウェアラブル端末・Google Glass向けに開発される「MindRDR」は、手も声も使わずにGoogle Glassを操作することができる。MindRDRはユーザーの脳波を読み取り、操作できる先進的なGoogle Glass向けアプリ。

「MindRDR」- 多くの人間に新たな可能性を与える、新たなテクノロジー

 現時点で既に「MindRDR」は脳波で写真を撮影し、写真をFacebookTwitterにシェアすることを可能にしている。開発元はデジタルの相互作用デザインを手掛ける英国の新興企業・This Place。同社は今後も開発を進め、将来的には脳波のみでおこなえ事を増やしていくという。

アプリを使うには米・NeuroSky社が開発する脳波の計測・コントロールデバイス「MindWave Mobile」が必要。なお、同製品は日本円にして2万9800円程。コントロール・デバイス「MindWave Mobile」とアプリ「MindRDR」はBluetooth経由で通信して使用する。

使用にはMindWave Mobileを頭に装着し、意識を集中すると自動(脳波)でGoogle Glassのカメラが起動する。そのまま脳波を一定のことに集中させると撮影できるという仕組みです。

これらは数年後の話ではなく、一定の行動なら既に可能にしているという事が何より驚きな事だろう。しかし、コントロール・デバイス「MindWave Mobile」は街中で装着する場合、少し恥ずかしいものになる事は否めない。

だが、このプロジェクトはまだ始まったばかり。今後更なる研究が進み、更なるアプリの利用性とコントロール・デバイスの小型化やデザイン性を高めた時には、一般的に利用される可能性は非常に高いはずでしょう。

また、同社はMindRDRの技術は閉じ込め症候群、多発性硬化症、四肢麻痺など、身体が不自由な人や声が出せない人に新たな可能性を与えることができると述べ、医療・物理関係での連携も進めていくという。

Source・Image Via:MindRDRYouTube

Sponsored Links