Amazon、自社初の実店舗を米国・マンハッタンに出店か ––WSJ報道

インターネット通販の大手・米Amazonは、自社初の実店舗を出店する可能性が浮上しています。

米国の大手メディア・Wall Street Journalが関係者から手に入れた話だとし、これらの情報を伝えている。同メディアによると、実店舗はニューヨーク・マンハッタン地区にオープンされる見通し。

Amazonショップ、ニューヨーク地区で配達サービス開始と同時オープンか

 オープン時期は今年の年末頃になるとのことで、倉庫型店舗を改良しオープンする。同時にニューヨーク地区で即日配達サービスを展開する計画もあり、ネットで購入した商品を実店舗にて交換・返品・受け取りできるという。

この他、Amazonの実店舗では自社ブランドのデジタルデバイス「Kindle」「Kindle Fire」やスマートフォン端末「Fire Phone」の販売もおこなう見通し。

既にオープン予定の所在地も判明しているとの事で、エンパイア・ステートビルの向かい側となるマンハッタン・ミッドタウン34丁目になる事が見込まれています。

同メディアでは今回の実店舗運営が成功すれば、Amazonは米国の各都市で実店舗をオープンする可能性があると指摘している。

Source・Via:WSJReuters

Sponsored Links