モバイル決済・Apple Pay、500社以上と連携し10月20日サービス開始

 米・Appleは本日16日(米国時間)のスペシャルイベントにて、モバイル決済システム「Apple Pay」に関する情報を発表。

「Apple Pay」10月20日より米国市場で稼働

 今後、米国において10月20日よりサービスが本格稼働することをアナウンスしました。なお、Apple Payは「Touch ID」「NFC」技術を用いて利用する。

Apple Payの利用には既に発売されている「iPhone6」に加え、同日発表された「iPad Air2・iPad mini3」でも利用することが可能になります。

Appleは大手クレジットカード会社・American Express、MasterCard、Visaの他、Bank of Americaなどの米国市場における主要銀行と提携しており、今回のイベント内で既に500以上の金融機関と契約を結んでいる事も発表。

10月20日のiOS8.1提供開始と共に、Apple Payのサービスが稼働し、iPhone6 / 6 Plus・iPad Air2・iPad mini3、来年からはApple Watchで利用することが可能になります。なお、Apple Payは米国市場の他、欧州・中国市場での導入の噂も浮上しています。

Source・Via:Apple(Apple Pay)

Sponsored Links