ソニーの新スマートウォッチ「SW3?」、独自OS搭載で単独利用も可能!?

 SONYが開発をおこなっているとされる、新型スマートウォッチデバイスの仕様が中国のミニブログ・Weiboにてリークされています。

海外メディアでは、SONYの次期スマートウォッチモデル「SmartWatch SW3」の可能性が高いと報じています。

「SmartWatch SW3」、独自OSを搭載、単独利用も可能か

 中国・Weiboにてリークした人物は過去に、SONY製品の発表前情報を正確にリークしている事から信憑性は比較的高いと言えるでしょう。

情報によると開発中のスマートウォッチは独自OSを兼ね備え、現行モデル・SmartWatch SW2からユーザーインタフェースを刷新。この他にも、半透過型ディスプレイを採用しているため、野外での日差し下でもクリアな視認性を保てるという。

また、バッテリー寿命が向上している事も判明。防水仕様・ワイヤレス充電を可能にしているそうです。開発中のスマートウォッチWi-Fiモジュールを内蔵し、スマートフォン非連携でも一部機能が単独利用できる仕組みだそうです。

現行のSONY製スマートウォッチ・SmartWatch SW2は、XperiaシリーズのAndroidスマートフォン・タブレットと連携する事から、9月3日の「Xperia Z3」正式発表に合わせた同時発表になると海外メディアが伝えています。

Source・image:G For GamesDigi Wo

Sponsored Links