電子書籍に新たな流れが到来!Twitterで立ち読みできるサービス「Tw-ePub」

 7月2日、株式会社角川アスキー総合研究所とTwitter Japan株式会社は、Twitterのタイムライン上で電子書籍が読めるサービス「ePub ビューワー」を共同開発し、同日に「Tw-ePub」を公開した。

Tw-ePubから書籍などのデータを送信し、”ePubデータ”を埋め込んだツイート投稿ができる様になるサービス。Twitterユーザーであれば誰でも利用でき、面倒な会員登録などは不要です。

電子書籍に新たな流れ。Twitterの新たな可能性も

 Tw-ePubには既にコミック、書籍など2万点を超える作品の掲載依頼があり、順次対応とのこと。今回の開発・提供に関し、角川アスキー総合研究所は自前に紙の書籍に関する調査をおこなっている。

その結果、調査対象となった約半数が、紙の書籍を購入していない事が分かったという。これを受け、KADOKAWA取締役会長の角川歴彦氏は次の様に述べています。


「21世紀型の出版社はなんだろうと考えている。編集者が独りよがりに本を作ればいい20世紀型はもう終わった。今はどうやって読者の共感を得るか、感動を共有していくかが重要だ。今回のようなTwitterで本の感想をシェアする“ソーシャルリーディング”を実現することが、ビッグデータや集合知の時代には大事だと思っている」(角川氏)Twitterで本の“立ち読み…|CNET Japan

なお、同サービスではKADOKAWAなどの特定出版社に限らない、オープンサービスとして提供されていき、出版業界全体の次を担うことの出来るオープンツールとして成長させていく。


Twitter を通じて簡単にコンテンツを配信することができる本技術は、国内電子書籍市場の発展と国内文化の海外展開を促進するためにも有効に活用いただけるものと考えております。

(略)

オープンな業界横断プラットフォームサービスとして、出版社をはじめ作者やファンの方々にご活用頂ける技術となるよう開発・運営してまいります。株式会社角川アスキー総合研究所

また、Twitter内のプロモーションツールとして、コミック・書籍などの作品を有効にアプローチする事が可能になります。Twitterでは先日対応したGIFアニメに、6秒動画のVine、そして今回のTwitterカード機能を使ったTw-ePubツールと、新たなプラットフォーム形成が可能になりました。

Twitter Japanでは、今回の試みが日本の電子書籍市場とマンガなどの日本文化の成長に少しでも貢献できるようになれば。と公式プレスにて発信しています。

私個人としても、ソーシャルメディア内で書籍の”立ち読み”が出来るようになった今、そしてこれからの展開が、非常に楽しみであったりする。

Sponsored Links