9月4日発表のMotorola製スマートフォン「Moto X+1」新たな実機画像流出!

 Motorola社が、9月4日に発表すると見られる次期フラッグシップスマートフォン「Moto X+1」。その実機画像が新たに複数流出しています。

リークしたのは海外サイト・リーカーの「HelloMotoHK」、そのFacebookページにて掲載されています。

「Moto X+1」、フロントステレオスピーカー採用は確実

 Moto X+1Motorola社のフラッグシップスマートフォン「Moto X」の後継機種です。これまでの流出画像含め、フロントステレオスピーカーらしきもの確認ができます。

写真では、2つのスピーカーが前面に搭載。フロントステレオスピーカーはHTCスマートフォン、SONY Mobileの製品に採用されている音響設計。クリアで質のある音質をユーザーに提供します。

Moto X+1のスペック内容は、これまでのリーク情報をもとにすると次の通りとなります。


・ディスプレイ:5.2インチ 1920×1080 ピクセルの AMOLEDディスプレイ
・CPU:Snapdragon 801 2.5GHz クアッドコアプロセッサ(独自カスタム?)
・メモリ:2GB RAM、16GB ROM
・カメラ:背面1200万画、前面200万画素

端末の外部特徴は、フロントステレオスピーカーらしきものしか確認がとれていません。しかし「Moto X+1(or Moto X+)」である事は間違いないでしょう。

予定では米国の通信キャリア・Verizonから提供販売。現行モデル同様に日本でのサポートは無いと思われます。なお、Moto X+1Android Wear・Moto 360とセット販売されるという情報も存在しています。

Source・Imgae:HelloMotoHK(FB)

Sponsored Links