Tizen OS搭載の低価格スマホ「Samsung SM-Z130H/DS」Wi-Fi認証通過へ

 韓国・Samsungが開発していると思われスマートフォン端末「型番:SM-Z130H/DS」がWi-Fi認証を通過している事が分かった。

低価格のTizen OSスマートフォン。中国などで発売か

 Wi-Fi認証の通過日は2014年10月16日、Tizenとの記載が確認でき、Tizen OS搭載のスマートフォンとなる見通し。

資料から判明した内容は「無線LAN通信はIEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz帯)」通信方式はW-CDMA/GSM方式となる見込みです。

なお、デュアルSIM対応設計で低価格向けのTizen OS搭載スマートフォンとして、主に中国・インドなどの新興市場向けに発売される見通しだと考えられています。

Sponsored Links