LINE、公式否定も今秋11月頃に上場予定か –––時価総額は1兆円越え?

 ブルームバーグは7月15日、無料通話・メッセージアプリを運営するLINE株式会社が東京証券取引所に株式上場を申請したことを報じました。

この報道に対し、LINEは否定的なアナウンスを出しましたが、今年秋に上場する可能性は高いとみられています。

NY上場も視野、時価総額は1兆円越えの可能性

 これまでLINE上場の情報はいくつも報じられてきており、いずれも今年秋の11月頃予定の可能性を示している。また、日本・米国市場での同時上場の計画も報じられています。


複数の関係者への取材で15日までに明らかになった。東証の承認が得られれば11月にも上場する見通しで、時価総額は1兆円以上になるとみている。

(略)

LINEはニューヨークでも上場する方向で米モルガン・スタンレー や野村と協議を続けているが、別の関係者によれば、上場の時期は東証よりも遅れる可能性もある。LINEが東証に上場申請…|bloomberg

この報道に関しCNET Japanは、LINE社に取材をおこなったとの事で、同社は報道に関する事実を否定したと報じています。


この報道に対し、LINEは「決まった事実はない」と否定。また、報道内容については「コメントすることはない」とした。LINE、上場申請の報道に…|CNET Japan

LINE上場に関しては、親会社である韓国NAVERの親子上場などにも関心が集まるなど注目度は非常に高い。また、最近では韓国政府による傍受問題や中国市場での規制、大規模なアカウント乗っ取り事件などの問題が浮上している。

仮にLINEが上場を果たした場合、時価総額1挑円以上の国内企業としては大型な上場となる見通しです。

Source・Image:bloombergCNET Japan

Sponsored Links