マイカーとLINEがやり取りできるアプリ「Drive+」、ガリバーが8月に提供開始

 自動車の販売・買い取り関連事業をおこなうガリバーインターナショナルは2014年7月16日、LINEビジネスコネクトを活用したアプリ「DRIVE+(ドライブプラス)」を発表しました。

DRIVE+は、ユーザーとクルマの間で会話をする感覚で使えるコミュニケーション系サポートサービスです。

クルマとユーザーのコミュニケーションアプリ「Drive+」とは

 DRIVE+は駐車したマイカーの場所が分からなくなってしまった場合や、マイカーの走行可能距離を知りたい時などにLINE上で専用スタンプを送信すると、車の駐車位置や残りの燃料で走行可能な距離を教えてくれるというサポートアプリ。

システム的には、Amazon Web Services(クラウドサーバー)と、LINE社の提供APIを活用したLINEビジネスコネクトをフル活用し、自動車に搭載されている「車載コンピューター診断装置」からデータを連動するという仕組みです。

ガリバーでは現在、車の駐車位置確認・駐車時間・走行可能距離・トラブル時のロードサービス機能の4つを備えており、今後も新機能を追加する予定だという。以下、ガリバー社の発表資料からの引用となります。


■今後追加予定の機能の例
「事故の自動検出機能」 一定条件のもとで急ブレーキや急ハンドルを検知した際に、事故発生とみなして即座にロードサービスにつないだり、事故時の対応について教えてくれる機能

ここ最近、自動車への情報技術(IT)導入はGoogleの「Android Auto」やAppleの「CarPlay」など、スマートフォンなどと連動したシステムを導入するケースが増えています。ガリバーでは今後、「スマートコネクト戦略」の下、真新しいサービス提供をおこなっていくという。


消費者の生活スタイルの多様化、クルマ市場におけるIT技術の隆盛を受け、ガリバーとしても今後の成長にはオムニチャネルの取組みが必須と考えております。スマートコネクト戦略は、ガリバーのもつ既存チャネルに留まらず、外部との連携を含めて各種のチャネルをつなげ、シナジーを生むことを目的とした取組みになります。LINEビジネスコネクト….|Gulliver

なお、DRIVE+は8月中の提供を予定。Android 4.0以降、iOS7.0以降のスマートフォンから利用できる。ガリバーでは現在、特設サイトも開設中。気になる方は一度、拝見してみることをオススメします。

Source・Image:Gulliver BlogGulliver

Sponsored Links