Apple TVに活用、ジェスチャー操作型リモコン「リモートワンド」の特許を取得

 米Appleは7年前から「3Dリモート型(ジェスチャー)コントローラー」を開発していたらしい…。

米国メディアApple Insiderは、Apple社が「Apple TV」をジェスチャーで操作するリモコン技術「リモートワンド」の特許を取得した事を伝えています。

ジェスチャー操作の「リモートワンド」Apple TVへ

 「リモートワンド」の特許は “3Dリモートコントローラー技術を用いたオブジェクトスクロール” の技術で、スクリーン / 接続端末などに対応し、ジェスチャーコントロールを可能にするものです。

また、Apple Insider曰く今回の「リモートワンド」は2009年に開発をはじめており、2007年に出願された特許だと説明している。この他、タッチスクリーン搭載も判明しており、動画やメディアファイル操作にも対応する。

これらの技術は実用化がおこなわれた場合、現行のゲーム機リモコンなどよりも高性能なデバイスになる事を見込まれており、Appleがどんな製品を披露するのかにも注目が集まっています。

Source・Via:Apple Insider

Sponsored Links