パナソニック、4K動画撮影も可能なAndroidカメラスマホ、Lumix CM1を11月に発売

 国内企業のPanasonicは、Androidを搭載したカメラスマートフォン「LUMIX CM1」を発表しました。

LUMIX CM1は優れたカメラ性能に加え、通話・ネット通信にも対応したスマホ型カメラデバイス。同社では「世界で最も薄いコミュニケーションカメラ」としています。

LumixブランドのAndroidスマートフォン「Lumix CM1」が登場

 発表された「Lumix CM1」はカメラ性能として1インチ2000万画素CMOSセンサーを搭載。この他、F/2.8のLeica DCレンズを採用し、ダイヤルとタッチスクリーンディスプレイで操作します。

4K動画撮影にも対応し、高性能なヴィーナスエンジンを備えたカメラ特化のデバイスになる。この他、スマートフォンとしての機能も搭載。

これまで、Panasonicは国内のスマートフォン市場から撤退していましたが、北米市場ではスマートフォンなどのモバイル事業に再参入を果たしていました。

スマートフォンとしての機能はOSにAndroid 4.4 Kitikatを搭載。判明している主なスペックは以下の通りとなります。


・ディスプレイ:4.7インチ(1920×1080)
・CPU:Snapdragno801 2.3GHz クアッドコア
・メモリ、ストレージ: 2GB / 16GB、32GB(Micro SD最大128GB)
・カメラ:背面2000万画素CMOSセンサー
・バッテリー:2600mAh
・重さ:204g
・OS:Android 4.4 Kitikat
・通信:LTE、Wi-Fi、NFC、Bluetooth

Lumix CM1は11月に欧州地域などで数量限定で先行発売を予定。希望小売価格は899ユーロ(約12万4000万円)程となっています。

Source・Via:PanasonicTheVerge

Sponsored Links