Google、Chromebook用Androidアプリ「Evernote・Vine」など4種類を提供開始

 米・Googleは、低価格ノートPC「Chromebook」で使用できるAndroidアプリを正式発表しました。

まずは「Evernote」などの4つのAndroidアプリが、Chromeアプリ(Chromebook用)として提供されます。

AndroidアプリをChromebookで…「App Runtime for Chrome」

 Googleは今年2014年の「Google I/O」にて、Chromebookの提供拡大に伴いAndroidアプリとChrome OSを連携強化していく事を発表していました。

今後、随時、様々なAndroidアプリChromebookでも利用できる「App Runtime for Chrome」プロジェクトを進めていく上で、最初の提供アプリ4つが発表されている。

提供されたアプリは英語学習用アプリ「Duolingo」、メモ・ソーシャルブックアプリ「Evernote」や読書教育「Sight Words」、動画作成の「Vine」。

上記のアプリは既にChromebookからChromeウェブストアにて、ダウンロードすることが可能。Googleでは今後、Chromebook利用者からの要望を元に、利用できるAndroidアプリを増やしていく計画です。

Sponsored Links