iPhone 6、背面シェルケース最新画像が公開!NFCは確実的、リキッドメタル採用か

 ロシアのウェブサイトが「iPhone 6」の背面シェルケース画像を公開しています。なお、公開されたiPhone 6は表面処理加工が行なわれてない最終完成モデルとは異なるものです。

ロシアサイト・Feld & Volkが公開したのはiPhone 6の4.7インチモデルの背面シェルケース。複数の画像が公開されている。

アップルロゴにはリキッドメタル、NFC対応は確実的

 画像内で紹介されている4.7インチモデルのiPhone 6背面シェルケースでは、ボリュームボタンの切り抜き具合の凹み加工が見て伺えます。この加工は不用意にボタンを操作してしまうのを防ぐものだと思われる。

また、次期モデルで注目したいのが背面の「Appleロゴ」。今回、Appleロゴがくり抜かれる仕様になっており、これまでのリーク情報で「発光を確認できる為の樹脂が使用される。」などが噂されていました。

しかし、同サイトでは「Appleロゴは特殊な金属仕様」との事で、リキッドメタル合金が使用されるのではないかという情報が挙がっています。Appleロゴをくり抜いている仕様に関しては、NFCに対応させる為だという説が可能性としては一番有力です。

Appleロゴと共に注目されている箇所は、背面カメラに関する「カメラリング」。次期iPhone 6では、iPod touchの様に背面カメラが突き出たカメラリングデザインになると予想されている。約1ヵ月後(9月9日報道)の正式発表まで多少時間がありますが、実に気になるところです…。

Source・Image:Feld & VolkMac Rumors

Sponsored Links